January, 2018

Robin

数年前に仕事で知り合ったWakanaさん。サンディエゴに来るというのでせっかくだから会いましょうと、ランチをご一緒しました。
場所は去年デルマーにオープンしたViewpoint Brewing Co.。ラグーンのそばにある見晴らしのよい、オープンな雰囲気のブリュワリーです。

彼女と会うのは今回で3回目。昔働いていた会社で仲の良かった後輩に似ているせいもあるのか、一緒にいてなんだか落ち着く相手です。愛犬のロビンくんにも会えて、楽しいランチタイムでした。

The Beauty of Piano

今日、とても久しぶりにピアノの演奏を聴きました。
友人のMillieさんが教えている、7歳から18歳までの生徒さんたちの発表会。緊張感が漂う中で、その年齢からは思いもよらない、素晴らしい演奏が次から次へと繰り広げられました。私も小さい時にピアノを習っていたので、自分が昔発表会で弾いた曲も演奏されて、懐かしさとその時のどきどきが蘇ったりもしました。

そして、改めてピアノを間近で見て、そのフォルムの美しさと機能美に惚れ惚れ。
これ作った人、ホントにすごい。

夕暮れとカイトと針穴

彼女のピンホール写真を初めて見たのは、もう10年以上前のこと。ピンホール(針穴)カメラの仕組みもよくわからず、なんだかすごく不思議で素敵な写真だなーと思いました。私も当時流行っていたHOLGAを改造して針穴カメラを作って撮っていたこともありました。その憧れの人がサンディエゴに!ようやく初めましてをすることができました。

午後から半日、オールドタウンやビーチで撮影しながらお散歩。針穴HOLGAや横長針穴HOLGA、そして彼女のトレードマークともいえるカワイ肝油ドロップの缶で作った針穴カメラなど、珍しいカメラがバッグから次々とでてきました。

場所を決め、アングルを決めて(ファインダーがないので経験と勘)、露出を測り、スライドシャッターを開いて露光し(3秒から10分)、またスライドシャッターを閉じ、露光時間をメモし、フィムルを1コマ送る。たんたんと行われるその姿は、ピンホール写真撮影のお作法のようにも見えました。その日最後の撮影は、ビーチの夕暮れ。満ち潮だったので「この辺だったら10分後でも波来ないかな?」と話しながら三脚を立てて空き缶カメラのシャッターを静かに開く。露光が10分もあるので、カメラの前を人が横切っても(私が前から空き缶カメラの記念撮影をしても)全然気にしない。時間の流れと共にのんびりゆったりと写真を撮る。最近は時間に追われて撮影することが多いので、とっても心に響く素敵な1日でした。

しきはんさん、またぜひサンディエゴに来てくださいね。

スタジオポートレート:成人の日

アメリカ育ちの大学3年生。ご両親の強い希望で成人の日の記念に紋付き袴での撮影でした。
ご家族みんなでスタジオ入り。コーディネイト・着付けを担当されたKimono Bloomのおふたりも一緒だったので、いつもと違って賑やかで楽しい撮影になりました。長身の彼の着物姿は、とても堂々としていてかっこよかったです。
成人の日、おめでとうございます。